2013年06月16日

アクアクララでおいしいミルクを作ろう

赤ちゃんのミルクを作るには、それなりの知識と慣れが
必要ともいえます。


けれど、産婦人科医院や保健所が行っている母親学級では、
「母乳育児」が前提となってきています。


ですから、ミルクの調乳について、詳しく教えてもらえないというのが
現状のようです。


実は、ミルクの調乳には、お湯の温度が
とても重要なのです。


通常ミルクの調乳には、沸騰したお湯を70〜80℃くらいに冷まし、
そのあとミルクを入れて溶かします。


なぜお湯を沸騰させるのかというと、沸騰させてカルキを抜くため
と言われています。


そして、哺乳瓶の中のミルクを人肌に冷ましてから、
はじめて赤ちゃんはミルクを飲むことができるのです。


そこでですが、アクアクララの水は、カルキを除去したお水を使っていますので、
沸騰の必要がありません。


アクアクララの本体には、冷水と温水のコックがあり、
温水は、常に80〜90℃に設定されています。


ですから、沸騰したお湯を80℃くらいに冷ますというステップが
省略されます。


まず、アクアクララのお湯を哺乳瓶に入れ、必要量のミルクを入れて
溶かします。


そして、ミルクが人肌になるまで、哺乳瓶を水につけるか
水をかけて冷まします。


この2ステップで済みますので、時間の短縮にもつながりますし、
赤ちゃんを待たせる時間も少なくなりますね。


ミルクの温度を見る方法は、手首の内側にミルクを一滴垂らして、
熱くなければ人肌というふうに覚えておくといいでしょう。


かもめインターネットに入ってよかった?評判や実際の速度!
posted by milk at 23:58| Comment(0) | ウォーターサーバーで調乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。