2013年06月16日

赤ちゃんのミルク作りは温度が肝心

赤ちゃんの飲むミルクは、調乳するときの温度と、
飲ませるときの温度が、重要といえるでしょう。

ミルクが熱すぎると、赤ちゃんは舌も口の中もやけどをしてしまうでしょう。
けれど、反対に冷たすぎると、飲んではくれません。


あくまでもお母さんのおっぱいと同じくらいの温度が
赤ちゃんにとっては好ましいようです。


さて、ミルクを作る際にも、温度は重要です。
調乳する時は、必ず一度沸騰したお湯を70〜80℃に冷まして(湯ざまし)から
作るように心がけるといいでしょう。


水で作ったのでは、粉ミルクは完全に溶けませんので、
溶け残りのある、おいしくないミルクになってしまいます。


かといって、熱湯で作ってもミルクがダマになってしまい
溶かすのに余分な労力がかかってしまいます。


ミルク缶の裏にも、「70〜80℃の湯ざまし」で調乳する、
と記載されているので、よく読んでみることをお薦めします。


適切な温度で調乳するということは、その温度が
ミルクが溶けやすい温度ということなので、注意が必要ですね。


次に、70〜80℃で調乳したミルクは、赤ちゃんの好ましい温度(人肌)に
冷ます必要があります。


ボールに水を張り哺乳瓶を浸して冷ます方法や、
哺乳瓶を流水にあてて冷ます方法などがあります。


前者は比較的時間の余裕がある時、後者は急いでいる時と、
その時の状況によって使い分けるといいかもしれません。


ミルクを調乳する際にも、赤ちゃんにミルクを飲ませる際にも
温度というものが重要といえるでしょう。
posted by milk at 23:57| Comment(0) | 調乳について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。