2013年06月16日

ミネラルウォーターで赤ちゃんのミルクを作る時も、作り方は同じ

赤ちゃんのミルクを、ミネラルウォーターで作るお母さんも
最近は増えているようです。


東日本大震災後は水の安全性が問われ、ミネラルウォーターを料理や飲料として
使う人が急増してきました。


けれど、ミネラルウォーターでミルクを作る場合、
ミネラルウォーターの硬度に注意た方がよいようです。


赤ちゃんのミルクには必要なミネラルがすでに含まれていますので、
過剰摂取しないように、ミネラル成分が少ないものを選ぶといいようです。


ミルクの作り方は…まずミネラルウォーターを沸騰する必要があります。
そして、沸騰したミネラルウォーターを80〜70℃に冷まします。


ミネラルウォーターが冷めたら、粉ミルクを入れ哺乳瓶を回すようにして
溶かします。


溶けたミルクは、今度赤ちゃんが飲んでもやけどしないように
人肌にさますのです。


溶かし方は、そのまま放置しておいても冷めますが、時間がかかるので、
ボールなどに溜めた水につけて冷まします。


急いでいる時は、哺乳瓶の外側を流水にあててさますと
比較的早く冷めるようです。


さて、冷めたかどうかを調べる方法ですが、
昔からミルクは人肌といわれています。


人の体温と同じくらいの温度ですので、比較的気温に敏感な手首の内側に
ミルクを一滴たらして、熱くないか計ってみるといいようです。


作り方等は水道水で作った場合も、ミネラルウォーターで作った場合も
同じです。


但し、ミネラルウォーターでミルクを作る場合の
ミネラルウォーター選びだけは、慎重に行った方がいいといえるようです。
posted by milk at 23:57| Comment(0) | 調乳について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。