2013年06月16日

アクアクララで調乳をするメリット

最近は水道水よりも、ミネラルウォーターを飲む方がおいしいし、
安心だから選ぶという方が増えています。


飲料水として、または料理に使っている方も多いようですが、
赤ちゃんの粉ミルク作りには、よくないと言われていました。


なぜなら、ミネラルウォーターを使うと、粉ミルク自体のミネラルを
壊してしまうからなのです。


けれど、アクアクララの水は硬度29.7の軟水に調整されているので、
ミルク自体のミネラルには影響がありません。


水道水でミルクを作りたくないというママも、アクアクララなら
安心してミルクを作ることができますね。


アクアクララのウォーターサーバーには、お湯と水のコックが付いていて、
お湯を沸かす手間も省けるのです。


調乳から、離乳食作り、飲料水、そして料理にと、
安心でおいしいお水をいつでも使うことができるのです。


赤ちゃんのミルクを調乳する場合には、通常沸騰した湯を80℃くらいに冷まし、
粉ミルク加えて溶かし、更に人肌に冷まします。


赤ちゃんはお腹がすいていても、調乳が完了するまでの長い時間、
ひたすら待たされていたのです。


けれど、アクアクララなら、温水が80〜90℃に設定されていますので、
調乳の際、沸騰したお湯を80℃に冷ますという手間が省けます。


育児中のママと、腹ペコの赤ちゃんには、
心強い味方といえるかもしれません。


安心で美味しいミルクが作れ、その上、調乳時間が短縮できる
アクアクララ、試してみるのもいいかもしれません。
posted by milk at 23:58| Comment(0) | ウォーターサーバーで調乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアクララでおいしいミルクを作ろう

赤ちゃんのミルクを作るには、それなりの知識と慣れが
必要ともいえます。


けれど、産婦人科医院や保健所が行っている母親学級では、
「母乳育児」が前提となってきています。


ですから、ミルクの調乳について、詳しく教えてもらえないというのが
現状のようです。


実は、ミルクの調乳には、お湯の温度が
とても重要なのです。


通常ミルクの調乳には、沸騰したお湯を70〜80℃くらいに冷まし、
そのあとミルクを入れて溶かします。


なぜお湯を沸騰させるのかというと、沸騰させてカルキを抜くため
と言われています。


そして、哺乳瓶の中のミルクを人肌に冷ましてから、
はじめて赤ちゃんはミルクを飲むことができるのです。


そこでですが、アクアクララの水は、カルキを除去したお水を使っていますので、
沸騰の必要がありません。


アクアクララの本体には、冷水と温水のコックがあり、
温水は、常に80〜90℃に設定されています。


ですから、沸騰したお湯を80℃くらいに冷ますというステップが
省略されます。


まず、アクアクララのお湯を哺乳瓶に入れ、必要量のミルクを入れて
溶かします。


そして、ミルクが人肌になるまで、哺乳瓶を水につけるか
水をかけて冷まします。


この2ステップで済みますので、時間の短縮にもつながりますし、
赤ちゃんを待たせる時間も少なくなりますね。


ミルクの温度を見る方法は、手首の内側にミルクを一滴垂らして、
熱くなければ人肌というふうに覚えておくといいでしょう。


かもめインターネットに入ってよかった?評判や実際の速度!
posted by milk at 23:58| Comment(0) | ウォーターサーバーで調乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクアクララは電気代がお得

アクアクララのウォーターサーバーは、
お湯の設定温度を管理できます。


ですから、いつでも一定の湯温のお湯が出ますので、
ミルクの調乳には最適といえるでしょう。


新米ママがする失敗の一つに、赤ちゃんが泣くので、
焦って熱湯でミルクを作ってしまった!というのがあります。


熱湯でミルクを作ると、ミルクがダマになってしまって
なかなか溶けなくなってしまうのです。


ですが、アクアクララなら湯温が80〜90℃に設定されていますので、
そういう事態からは回避できるのです。


まさに、新米ママにとっては、頼りになる味方といえるかもしれませんね。


さて、アクアクララのサーバーを置いた場合、気になるのが
月々の電気料金です。


常に電源が入った状態ですので、消費者にとっては
一番気になる点です。


アクアクララは大きく分けて、従来型のサーバーと、
65%省エネ型のサーバーの二種類があります。


電気料金は使用状況によって違いますが、従来型が月々約1000円、
省エネ型が月々約350円というのが平均的なようです。


従来型は、電気代がかかるかな〜という微妙な金額ですが、
省エネ型は、かなりお得感がありますね。


ウォーターサーバーのレンタル料、ウォーターボトル代も必要となりますので
電気代だけでも安く済む省エネ型は、魅力的といえるでしょう。


お湯の沸かし直しを何度も繰り返すと、電気代も多少かかってきますが、
調乳に適した温度ですので、沸かす必要はないかもしれませんね。
posted by milk at 23:58| Comment(0) | ウォーターサーバーで調乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。